OBC製品ご利用のお客様のための支援サイトです。


  • 小
  • 中
  • 大
会計ソフトなら勘定奉行のOBC オフィシャルサイト

サポート時事情報

【Remoto Desktop Service(RDS)で奉行シリーズをご利用のお客様向け】2018年 5月のWindows更新プログラム適用に関する注意事項

公開日:2018-05-09

奉行シリーズ製品をRemote Desktop Service(RDS)にて利用されているお客様へ、
2018年 5月のWindows Updateにて配信されるWindows 更新プログラム(CVE-
2018-0886:CredSSP の更新プログラム)の、
RDSクライアントPCへの適用に関する注意事項のお知らせです。

■注意事項
 クライアントPCにて2018年 5月のWindows更新プログラムを適用した場合に、
 RDSサーバーPCでのWindows更新プログラムの適用状況(※)によっては、
 リモートデスクトップ接続ができなくなる場合があります。

 (※)RDSサーバーPCで2018年3月のWindows更新プログラムを適用していない場合

RDS接続で利用されるすべてのアプリケーションが対象となります。
発生条件の詳細や対策などにつきましては、以下のMicrosoft社からの情報をご参照ください。
 ◇Microsoft社サイト
  
「2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響」

お客様のRDSサーバー・クライアントPCにおけるWindows更新プログラムの適用状況や
対策につきましては、
ネットワーク・セキュリティ等の管理部門または担当者様・管理業者様まで、
上記Microsoft社からの情報と合わせてご確認くださいますよう、お願いいたします。

■対象となるお客様
 奉行10シリーズ・奉行8シリーズのネットワーク対応版を、RDS環境でご利用のお客様

 ※以下の場合は、対象条件外または対策済みのため、影響はございません。
   ・オンプレミス環境(=奉行クライアントプログラムをクライアントPCへ直接インストール)
    でご利用の場合
   ・Citrix Xen Appでご利用の場合
   ・「OBCクラウドサービス」をご利用の場合